アクセサリーのお手入れについて

こんにちは。coloriageです。

前回、ご家庭でも簡単にできるアクセサリーのお手入れについて書かせていただきましたが、今日はcoloriageが作品をお作りするときにも行っているより丁寧なアクセサリーのケアについてご紹介したいと思います。

3-1

coloriageで扱っているアクセサリーの金属素材は主に14kgf(ゴールドフィルド)を使用しています。作品をお作りする際、金属素材の一つ一つに自然素材の劣化防止のコーティングをしています。
写真下左がコーティング剤のナノジュエリーです。このコーティングをしてあげることで、酸化のスピードを遅らせて長い間ゴールドやシルバーの輝きを保つことができます。

アクセサリーが黒ずんできたときは、写真右にあるアクセサリー専用のクリーナーを使用します。黒ずみがひどい場合は汚れが落ちないこともありますので、お早めのお手入れをおすすめします。クリーナーの後に、上述のナノジュエリーでコーティングしてあげるとなお良いです。

4-1

どちらも使い方は、アクセサリーを1~3分程度、薬剤に浸すだけでOKです(写真のようにアクセサリーをひっかけられるような棒があると便利です)。後はきれいに水洗いをして、しっかり乾燥させれば完了です。とっても簡単なので、どなたでも使いやすいかと思います。

5-1

6-1

前回も記載させていただきましたが、アクセサリーをご使用後は、ぜひとも、眼鏡クロスやジュエリークロスなどの柔らかい布で優しく拭いてから、ジップロック等の袋や箱(密閉できる状態が理想)にお入れください。
ゴールドフィルド、シルバー素材、天然石はどれも汗や汚れに弱いため、付着したまま放置してしまうと酸化・黒ずみを促進させてしまうことになります。少し面倒かもしれませんが、このひと手間をするだけでアクセサリーの輝きを少しでも長く保てます。

ゴールドフィルドやシルバー以外の真鍮素材などは、時間とともに酸化していくことでよい味が出てくることもあるので、アクセサリーの個性や好みに合わせて、お手入れ方法も変えてあげるとよいかと思います。

(上述でご紹介したお手入れ用品につきましては、アクセサリーの種類によっては使用できないものもございますので、付随の説明書をよくご確認いただいてからお使いください。また、上記の商品以外にも今は色々なお手入れ用品があるかと思いますので、一度ご覧になってみてもよいかと思います。)

お手入れ方法の一つのご参考として、アクセサリーを末永くお使いいただければ幸いです。

アクセサリーのお手入れについて(簡単ケア)

こんにちは。coloriageです。

coloriageのアクセサリーをお買い上げいただいたお客様に、長い間気分よくお使いいただきたいなぁと思い、今日はアクセサリーの簡単なお手入れについて少し書かせていただこうと思います。

ゴールドフィルドのお手入れ方法
coloriageのアクセサリーは主に14kgf(ゴールドフィルド)という金属を使っています。
ゴールドフィルドは変色しにくい素材にはなりますが、汗や化粧品が表面に付着することで元の輝きが失われ段々と変色してくることがあります。
そのため、ご使用後は必ずやわらかい布(セーム皮がおすすめ)で拭いて汗や汚れをやさしく取り除き、ジップロック等に入れて保管いただくと長期間きれいな状態を保つことができます。

ゴールドフィルドの輝きがなくなってきたり汚れが気になりだしてきた場合は、中性洗剤(ご家庭にある台所用洗剤がほとんど当てはまります)をぬるま湯に溶かしてアクセサリーをやさしく洗い、やわらかい布で水気を十分にふき取ってからしっかりと乾かしていただくときれいな状態に戻ります。

ゴールドフィルドは、ゴールド用のジュエリークリーナーもお使いいただけますので、汚れや黒ずみがひどい場合は、そちらをお使いいただいてもよいかと思います。

天然石等があしらわれたアクセサリーのお手入れ方法
水に強い天然石(クオーツ、トパーズ等)であれば上記と同様にぬるま湯+中性洗剤を用いた方法でケアしてあげられますが、水に弱い天然石(ターコイズ、パール、パイライト、コーラル、オパール等)の場合は、綿棒ややわらかい布の一部を用いてゴールドフィルド部分のみを同様にやさしくふき取ってあげてください。

つい面倒になってお手入れを怠りがちになってしまいますが、ちょっと手を加えてあげるだけで長期間きれいな状態が保てます。身に着けるものだからこそ、黒ずんで輝きを失っているよりきれいに輝いている方が気分がいいですよね。私もついつい忙しさにかまけて後回しにしてしまっておりましたが、アクセサリーを身に付けてからしまうまでの一連の習慣にしました。

生活のちょっとした丁寧な心掛けが一日の幸せに繋がりますよね。